スクリーンセーバの中身

KusaReMKN

scr ファイルの中身はなに

MS-Windows のスクリーンセーバファイルは .scr の拡張子を持つ。 このファイルの実態は普通の Windows アプリケーションである。 ただし、 ①常に全画面表示で、 ②ウィンドウ枠とタイトルバーを持たず、 ③常に最前面表示で、 ④多重起動できず、 ⑤キー入力かマウス入力で終了すること が求められる。 また、後述するオプションをサポートするべきである。

オプション

スクリーンセーバとして構成される Windows アプリケーションは次のオプションをサポートするべきである。 ただし、/c/a については渡される HWND 値を必ずしも利用しなくて良い。 この HWND 値を親ウィンドウのハンドルとして登録することでウィンドウの回り込みを防ぐことができる。

/s
スクリーンセーバを実行する。
/c[:nnnn]
設定ウィンドウを実行する。
nnnn はシステムのスクリーンセーバ設定ウィンドウのウィンドウハンドル値を 10 進数で表したものである。
/p [nnnn]
プレビューを実行する。
nnnn はシステムのスクリーンセーバ設定ウィンドウのプレビュー領域のウィンドウハンドル値を 10 進数で表したものである。
/a [nnnn]
パスワード入力画面を実行する
Windows 9x 以前でのみ利用され、Windows NT 以降はシステムがパスワード入力画面を表示する。
(引数なし)
/c が渡されたときと同様の処理を実行するべきである。

参考